桃太郎とおばあさんのご縁

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SENTOKOが地球あなた守るブログ







こんにちは。
綿工房Sentoko 桑名聖子です(о´∀`о)

今日は、カテゴリー『うすさま塾』のお話。

うすさま塾 Facebookページ





「高野登のホスピタリティって何だろう?」
というラジオ番組が、朝、入っています。

(元 ザ・リッツカールトン日本支社長
→ここ SBCラジオ

我が家は朝はラジオなので、子供たち登校・旦那さん出社後も、そのままラジオついてたりします。
(テレビだと子供たち準備しなくなるからね。)

先日の放送で、
ほほー!!!!という解説をしておられました。
高野登さん、声も話し方も凄く穏やかで、素敵だなー。といつも思います。



桃太郎について

・川で洗濯したことある人はたっくさん居るのに、どうしておばあさんだけが、桃を拾えたのか?
→毎日洗濯に行っていたからですね。

確かに!



・おばあさんは「これはいい桃だ」といいました。
→良い桃の見分けかたを知っているからですね。

確かに!!



・おばあさんは、拾うという行動を起こしている。
・すぐ持って帰って、割った。
→すぐ割らなかったら、中で桃太郎が死んでいたかもしれませんね。

確かに!!!



「そして、大事に育てた。」

ご縁も
1「行動して」
2「見つけて」
3「大事に育てる」

この三つのステップが大事。



【大事に育てる】
これがなかなか難しくて、ふいにしちゃいますよね。
心も頭も体も整ってないと、できませんね。。。

気を付けたいと思いました。

押し付けがましくない、わざとらしくない、でもお役に立ち、見守る。

日本人が大切にしてきた心、習慣を大事にしておけば、大丈夫かもしれませんね♡












富山市で、無農薬無化学肥料で綿を育て紡いでいる、SENTOKOです。
完全富山県産衣類を作るべく、コツコツ頑張っていますo(^o^)o

石油系使い捨ての商品の流通を減らし、人の手で丁寧に作られた、波動の良い製品を増やしたいですね。




→ 綿工房Sentoko ホームページ

→ 綿工房Sentoko ネットショップ

→ 綿工房Sentoko facebookページ

関連記事